先輩メッセージ

患者さん・ご家族の気持ちを第一に

M.Aさん

内科急性期病棟/3年目

出身:八幡平市

目標は、先輩のような看護師

どんな看護師を目指したいか考えた時に「地域・患者さん・家族に寄り添った看護を提供したい」という思いがありました。そして、自然に頭に浮かんだのが、学生実習を行った盛岡友愛病院でした。実習の時に、スタッフの温かさや患者さん・ご家族に寄り添う先輩方の姿勢を実感していたので、自分もその一員になれたらと思い、入職を決めました。

私が所属している内科急性期病棟は入退院が多い病棟です。消化器を中心に、さまざまな疾患をもつ患者さんが入院されています。入職3年目の今でも、戸惑うことはたくさんありますが、先輩が皆さん優しくて、親身になってサポートしてくれる方ばかりなので、安心して仕事ができます。私が自分の業務で精一杯になっている時も、先輩は「大丈夫?」と声をかけてくれたり、さり気なくフォローしてくれる先輩ばかりです。私にとって先輩は、目標となる大きな存在で、先輩に少しでも近づけるように努力しているところです。

笑顔の絶えない看護師になる

私が仕事をする上で一番大切にしているのは “笑顔を絶やさないこと” です。表情は、話すよりも先に相手に伝わる部分だと思うので、患者さんやご家族と信頼関係を築くためにも大切だと思っています。患者さんから「あなたの笑顔を見ていると元気がでてくる。そのままでいてね。」と言ってもらえたことは、今でも支えになっています。

入院は、患者さん・ご家族にとって “非日常的な出来事” で、不安が多いものです。看護師は誰かの大切な人を医療行為だけではなく、心の面でも支えることができる仕事だと思うので、知識・技術の向上は当然ながら、患者さん・ご家族の気持ちを第一に考え、少しでも前向きな気持ちをもってもらえるような笑顔を、いつも心がけたいと思います。

オフの過ごし方

一人暮らしをしているからこそ、家族と会う時間をつくるようにしています。

仕事で落ち込むようなことがあった時も、家族が一番近くで支えてくれて、とても感謝しています。

他の先輩メッセージを読む

看護師 S.Kさん

障害者病棟/3年目

看護師 T.Mさん

回復期リハビリ病棟/2年目

看護師 M.Mさん

外科急性期病棟/3年目

盛岡友愛病院 

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10 

TEL:019-638-2222 FAX:019-637-3790

※掲載職員の役職・仕事内容などは、取材当時のものです。

Copyright (C) 盛岡友愛病院 看護部. All Rights Reserved.