先輩メッセージ

大切にしているのは

コミュニケーションの積み重ね

H.Oさん

外科急性期病棟/9年目

出身:和賀郡西和賀町

病院内における”橋渡し役”

小さい頃から“おばあちゃん子”で、祖母の手術ではじめて当院を訪れました。就職先を決める際に、盛岡の総合病院で転勤がない病院を条件に探したところ当院が該当し、祖母が入院していた時のイメージも良かったので入職を決めました。

私が看護する上で大切にしているのは、何よりもコミュニケーション。急性期における患者さん・ご家族との関りは、慌ただしく過ぎていきますが、そんな中でも信頼関係を築き、少しでも前向きな気持ちで入院生活を送ってもらえるよう小さなコミュニケーションの積み重ねを意識しています。看護師は病院内における”橋渡し役”でもあると思うので一緒に働くスタッフ、多職種に対しても密にコミュニケーションをとり、連携することを心掛けています。

一緒に悩み、考える仲間がいる

新人の頃はできないことが多く、とても悩んでいた時期がありました。落ち込んでいる時に、当時のプリセプターさんが私と一緒になって悩み、親身に解決策を考えてくれたことがとても印象に残っています。そんな私も今では教育担当です。先輩にたくさん支えていただいたように、技術や知識面のフォローは当然として、精神面のフォローも大切にしたいと思っています。

看護は学び続けるものだと思うので、先輩・後輩関係なくチームで共に考える姿勢を大事にしていきたいです。今後は、自分の興味を探り、深めていきたい分野を見つけられたらと思っています。

オフの過ごし方

昼は娘と公園へ、夜は自宅で晩酌が楽しみです。

最近は、友人と家族ぐるみで集まって出かけることも増えています。

他の先輩メッセージを読む

看護師 J.Nさん

外来 透析センター/12年目

看護師 M.Sさん

外科急性期病棟/9年目

看護師  K.Sさん

地域包括ケア病棟/9年目

盛岡友愛病院 

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10 

TEL:019-638-2222 FAX:019-637-3790

※掲載職員の役職・仕事内容などは、取材当時のものです。

Copyright (C) 盛岡友愛病院 看護部. All Rights Reserved.