新人教育

新人看護師を支える体制

教育担当者を中心に、チーム全員で新人看護師の育成を図っています。

新人看護師1人に実地指導者(プリセプター)がおり、知識・技術の指導、評価、相談や支援を行います。

更に実地指導者(プリセプター)を支援するサポートナースとして、チームリーダー、主任、係長がおり、師長や教育担当者、実地指導者(プリセプター)等と連携を図りながら支援していきます。

新人看護師 集合研修

4月

  • 看護倫理

  • 看護倫理

  • 看護記録、情報管理

  • 静脈注射

  • 点滴管理

  • 医療安全

  • 災害看護

  • 感染防止

  • 日常生活の援助

  • メンタルヘルス

  • ME機器

  • 褥瘡予防

  • 与薬方法

  • トランスファー

  • 看護必要度

  • フィジカルアセスメント

5月

  • モニター、輸液ポンプの取り扱い

  • 輸血

  • プリセプティ会

6月

  • 人工呼吸器

7月

  • プリセプティ会

 

10月

  • 緩和ケア

  • エンゼルケア

11月

  • 接遇

 

12月

  • プリセプティ会

評価・フィードバック

新人看護職員研修ガイドラインに沿ったチェックリストを用い、自己評価とプリセプターや主任・係長による他者評価を年3回行っています。新人看護師の達成度を確認しながら不足な部分を指導していきます。(評価時期は、7月・11月・2月)

 

達成目標は1年間としますが、部署の特性に応じて行っていきます。

1年間で達成でき無かった部分は2年目以降もフォローしていきます。

●キャリアファイル

個々の成長記録として活用します。ファイルの中身は、看護部の理念、目標、倫理綱領、身だしなみ基準、自己目標管理シート、院内・院外研修受講記録、新人看護師教育チェックリストをいれています。

参加した研修会資料等を綴って活用しており、1年間の成長が実感できます。

 

●新人看護師基礎知識・技術評価基準

院内で経験できる主な項目を載せています。

実施するときのポイントが分かりやすく載っているので、自己の振り返りに使用できます。プリセプターも指導内容のずれを最小限にするために同じものを使用しています。

プリセプティ会

業務等に関して、困っている事や感じている事など自由に意見交換を行い、グループ毎に発表します。

お互いに抱えている問題を共有し、解決策を見出すことを目的に年3回(5月・7月・11月)行っています。

盛岡友愛病院 

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10 

TEL:019-638-2222 FAX:019-637-3790

※掲載職員の役職・仕事内容などは、取材当時のものです。

Copyright (C) 盛岡友愛病院 看護部. All Rights Reserved.