インターンシップについて・体験談・お申し込み

インターンシップについて

  • インターンシップ制度ってなに??

インターンシップ(英: internship)とは、特定の職の経験を積むために、企業や組織において労働に従事している期間のことを指します。当院では就職活動における情報提供機会の位置づけとしてインターンシップ制度を運営しております。具体的なプログラムは1日かけての「臨床参加型体験」を中心に展開しています。インターンシップ制度を利用することで、当院の看護部の特徴や考え方・方法を、実際の現場で体験することが可能です。

  • インターンシップ制度で具体的にどんなことができるの?

当院では、1日かけて仕事現場である「看護」をより間近に体験することが出来ます。また、様々な質問や意見交換等もたっぷりと時間がありますので、一人一人と時間をかけて行うことができます。当院の看護部の特徴を、実際の現場で、肌で感じてみませんか?

インターンシップ体験談 Q&A

西4階(一般急性期病棟) M.Tさん

岩手医科大学看護学部看護学科 2022年卒

Q1)なぜインターンシップを受けようと思った?

M.Tさん)

実際に病院に行くことで病院の雰囲気やスタッフの方々の仲の良さなどを知れると思ったから。

盛岡友愛病院看護部 インターン

Q2)体験してみて、どうだった?

M.Tさん)

直接、看護部長さんからお話を聞ける機会も設けていただいて、病院の理念や大切にしていることを聞いて、自分の理想とする看護師像に近づける病院だと思えた。また、スタッフの方々も優しく丁寧に教えてくださって、優しい雰囲気のある病院だと思った。

Q3)就職活動でどう役立った?

M.Tさん)

ホームページやパンフレットでは分からない雰囲気や現場の生の声を聞けたことで、友愛病院に就職したいと思える決め手となった。

Q4)いつごろ(月)体験した?

M.Tさん)

大学4年の8月

盛岡友愛病院看護部 インターン

Q5)最終的に当院を選んだ理由は?決め手はなに?

M.Tさん)

私は、学生の頃から患者さんの気持ちに寄り添い、共に考え、患者さんの望む退院後の生活が送れるような看護、支援をしていきたいという思いがあった。また、コミュニケーションを大切にしながら一人ひとりの患者さんとじっくり関われるという点やインターンシップでの看護部長さんの「横と横のつながりを大切にしている」とい言葉が魅力的に感じ、地域とのつながりを大切にしながら1つのチームとしてベストな医療の提供が実現可能なのではないかと感じたから。

申し込みについて

インターンシップをご希望の方は候補日を複数ご検討の上、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
盛岡友愛病院 総務課:019-638-2222