先輩メッセージ

盛岡友愛病院 看護部

退院後の生活を視野に入れた看護

C.Oさん

 

地域包括ケア病棟/7年目
出身:宮古市

支え合える先輩・後輩と出会えた

学生時代に地域の方々と関わる機会があり「看護師として地域に貢献したい」という思いが強くあり、その思いが当院の理念と重なり、志望しました。当院には一般病棟だけでなく、回リハや地域包括ケア病棟などがあり、看護を幅広く学べる環境があることにも惹かれました。新人看護師にとって、特に1年目の教育体制が気になることかと思います。当院はプリセプター制度が導入されており、先輩に相談しやすい環境があることや様々な集合研修も開催され、基礎的なことから学ぶ機会が多数あります。先輩・後輩の仲が良く、大変な時は助け合って働くことができるのは、とても恵まれている環境だと思います。

盛岡友愛病院 看護部
盛岡友愛病院 看護部

患者さんの最も身近な存在として寄り添う

日々の業務で意識していることは、入院や転棟後から早期に退院後の生活を視野に入れることです。24時間患者さんの傍にいるのは看護師であるため、些細な変化にもいち早く気づき、リハビリスタッフやケースワーカーと情報共有、連携し、チームで患者さんがより良い方向に向かえるよう、考え、行動していきます。

回リハ病棟から異動して地域包括病棟で勤務し、様々な経験をしてきましたが、まだまだ未熟で学ぶことがあると感じています。患者さんは看護師のことをよく見ていて、私のちょっとした行動にも気づいて、感謝の言葉をいただくことがあります。時々くじけそうになる時もありますが、患者さんからの「ありがとう」や「あなたでよかった」という言葉が励みになっています。これからも、笑顔と思いやりの気持ちを忘れずに、一人ひとりに合わせた看護に向き合っていきたいです。

オフの過ごし方

・旦那と一緒の休みが合えば甥っ子に会いに行ってかわいい笑顔を見ていやされています

・カフェ巡りが好きでコロナ前は少し遠くでも気になるお店には行っていた