先輩メッセージ

地域・患者さん・家族に寄り添いたい

S.Kさん

障害者病棟/3年目

出身:盛岡市

患者さんの些細な変化を逃さない

盛岡友愛病院には急性期から回復期、地域包括ケア、緩和ケアなど、さまざまな病棟があり、さらに関連施設では訪問看護なども行われています。私は“治療して終わり”の病院ではなく、地域に根差した病院で働きたいと考えていたので当院を選びました。また、第三者から「入院した時に看護師さんが優しかった」とか「雰囲気が良い病院」と聞いていたことも入職の後押しになりました。

私は現在、障害者病棟に勤務しています。障害者病棟では寝たきりの患者さんが大半を占めており、意思疎通ができない患者さんも少なくありません。そのため、看護師が患者さんの些細な変化に気付くことが何よりも大切だと感じています。患者さんの表情、体温、皮膚の状態などを隅々まで観察し、ちょっとした変化を見逃さないように努めています。

“患者さんに寄り添う”を考え続ける

あるALS患者さんが、ふと涙ながらに不安を話してくれたことがありました。ALSは進行性の病気で、いつ自発呼吸ができなくなるかも分かりません。今後の不安を話す患者さんを目の当たりにして、私は傾聴しながら一緒に泣いてしまいました。そんな私に患者さんは「聞いてくれてありがとね。少し楽になったよ。」と言ってくれました。

疾患によっては「よくなる」とは言えない病気もたくさんあります。前向きな言葉をかけることができなくても、患者さんの不安を少しでも楽にすることができたら、それが“寄り添うこと”につながるのかもしれません。何年目であっても、少しでも時間があれば、患者さんのところに足を運んで、寄り添える看護師でいたいと思っています。

オフの過ごし方

美味しいもの、お酒が好きなので、カフェ巡りをしたり、お気に入りのBarに行っています。

盛岡さんさ踊りのミス太鼓連の一員なので、毎年6月~8月は太鼓の練習にあけくれています!

他の先輩メッセージを読む

看護師 N.Tさん

外来/20年目

看護師M.Aさん

内科急性期病棟/3年目

看護師 T.Mさん

回復期リハビリ病棟/2年目

盛岡友愛病院 

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10 

TEL:019-638-2222 FAX:019-637-3790

※掲載職員の役職・仕事内容などは、取材当時のものです。

Copyright (C) 盛岡友愛病院 看護部. All Rights Reserved.