先輩メッセージ

盛岡友愛病院 看護部

患者さんの不安を少しでも軽減したい

N.Kさん

地域包括ケア病棟/1年目

出身:花巻市

コロナ禍で、
よりコミュニケーションを意識するように

私は病院の理念「地域に密着した、親切で思いやりのある病院」に共感し、友愛病院を志望しました。当院は総合病院であり幅広い分野の看護を学ぶことができるという点にも魅力を感じました。新卒であるため、プリセプター制度や新人研修など教育体制が充実していることも安心でした。

コロナ禍の看護は、業務中のマスクなど感染対策を十分に行う必要があります。マスクで口元は見えませんが、声のトーンや表情、笑顔などコミュニケーションの取り方を意識して、患者さんやご家族、スタッフの方々とより良い関係を築くことができるよう努めています。コロナ禍の入院で大切なご家族に会うことができず寂しさや不安が大きい患者さんも多いため、少しでも不安の軽減につながるよう、ベッドサイドへ足を踏み入れ、患者さんに話に傾聴することや寄り添うことを大切にしています。

盛岡友愛病院 看護部
盛岡友愛病院 看護部

質問しやすい雰囲気があり、
安心して業務に取り組める環境

看護師1年目で日々覚えることや新しく目にすることは多く、業務に慣れるだけでも精一杯ですが、それでも自分のペースで学び、看護師として成長できているのは先輩方のおかげです。分からないことや不安な技術があった際などに、資料を準備して丁寧に教えてくださったり、「最初から出来る人はいないから少しずつ学んでいこうね。」と優しく声をかけてくださる先輩のおかげで、前向きに学ぶことができています。分からないことや相談したいことが発生した時にも質問しやすい雰囲気があるので、すぐに不安な点を解決でき、安心して業務に取り組むことができます。まだ不安だらけの毎日ですが、患者さんに安心・安全な医療を提供できるよう知識・技術の向上を目指し、日々の学びを大切にしていきたいと思います。

オフの過ごし方

・トイプードルを飼っているので休日は一緒に遊びます。

・温泉が好きなので、温泉めぐりをします。